since 2005

Pascal

周辺機器の製作

    無駄なく回収・・・・・
            ヘリウムガスを再利用の為に回収する と言う考え方は
            輸入に頼っている日本独特のスタイルなのかも知れま
            せん。最近では欧米からの輸入機器も日本仕様を意
            識した設計が多く見られるようになって来ました。

            PASCALでは回収率100%を目指すお手伝いが
            出来ればと考えております。尚、装置や容器などの内圧
            上昇を防ぐ目的でアッセンブルされているリリーフバルブ
            や安全弁からの回収のお手伝いは安全上控えさせて
            いただいております。

                        



製作品のご紹介

左より・・・φ9.5チューブ
       ガス用カチットコネクター
       ホース口
       NW25フランジ

液体ヘリウムのベッセル用(極低温用可搬容器)のマルチポートです。
小型のパックレスバルブを3個並べ、3種類の回収パターン対応です。

A

B

C

D

E

F

低温域からのヘリウム回収ガスを常温(室温)に近づけ、回収積算
メーターの低温破損を防ぎ、トランスファー時の作業効率を助けます。

   銅管をコイル状にして、室温で内部のガスを
    温めます。

   水を張ったステンレス容器の中に、銅製蛇管
   を入れることで内部のガスを温めます。
E   投げ込みヒーターをコントロールして、さらに
    加温効率をアップさせることも可能です。

   水温式ですが、装置周辺の設置スペースが
    狭く、薄型コンパクトにしたタイプです。

F    SQUID横に設置した水温式タイプです。
  


壁面に加温器を設置したい場合や、装置のメンテスペース確保で
壁面の限られたスペースしかない場合は・・・・

アルミフィンを銅管に巻きつけてあるので、効率よく熱交換
できます。水温式とは異なり、水を使用しないので水分を
嫌う実験室に向いています。リボンヒーターやラバーヒータ
ーとサーモスタットを連動させて、結露した水分を飛ばして
トランスファー効率を上げることもできます。


アルミフィン式の熱交換器の施工例です。
高さ2mのフィンチューブを3列並べ、回収積算計に流して
います。ベッセル容器の自然回収ラインも2口設けて、壁
面のスペースを有効利用しました。












水容器は市販のポリ容器を使ったので
熱交のサイズを容器に合わせて製作しています。
直径15.88の銅管を約8mターンさせています。
銅管が容器に触れないようにステンレス製のサポートで浮かせています。

OUT

IN